鹿月秋の晴耕雨読

鹿月秋(from-origin design)の、他愛もない、そして、くだらない日常を無駄な長文で綴っています。
鹿月秋の晴耕雨読

SEARCH in this site
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
<< 今日も明日も、ヘロヘロです。 | main | 雨ですけど。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
どうぞ、左側からお乗りください
新潟のお酒を飲んでいたら、
そういえば、友達から吟醸ゼリーなる
ものをいただいていたな、と思い立ち
さっそく封を開けると、今、飲んでいる
お酒よりも、よっぽど良い香りがして、
「さすがは吟醸!」とか思いつつも、どこか
「今、飲んでる酒って、いったい」とか
思ってしまうわけです。


で、これは、まったくオープニングトークでも
何でもなく、ただの戯れ言で、これから書く事には
全く関係がございません。




僕は、彼女の後ろを走っていた。
彼女の走りは、速いとは言いがたく、
それでも、とくに急いでいるわけではない
僕は、無理に追い抜くこともせず、
ぼんやりと、その小さな後ろ姿を見ながら
走っていた。

彼女の足下を見やると、実際には聞こえては
こないが、ギーコ、ギーコと、手漕ぎボートの
オールの鳴き声でも聞こえてきそうだった。

しばらくすると彼女は、左脚を大きく蹴り上げ、
またぎ、右側へと降り立った。


自転車で、僕は、通常、左側から乗り、
左側から降りる。

なのに、彼女は、スルリと右側へと着地したのだ。

「おおっ!」
と僕は一人、感動してしまった。

右利きの松崎しげるが、ギターを左で弾くのは
テレビを見ながら練習したせいだ、という話を
聞いたことがある。

あるいは、彼女も、そうなのかもしれない。


記憶を呼び戻す。

それは、実家近くの公園の早朝。

僕は、小学校に上がったばかり。

公園には、小さな僕の自転車と、父ちゃんと
兄ちゃんがいて、僕に自転車の練習をしてくれている。

たしか、と思う。

あの時にはすでに、僕は左側から自転車に
乗っていたのではないか、と。

僕の知る限り、自転車は、たいてい、左側から
乗って、降りるもの。

それ以外のケースを見たのは、先述の彼女くらいだ。

あ、一応、申し添えておくと、「彼女」とは
恋人関係の彼女ではなく、偶然、僕の前を走って
いた壮年の女性で、もちろん、見知らぬ人です。


日本は、左側通行。
これは、当時、世界で一番の先進国であった
イギリスの交通法規を真似たからで、たしか、
国鉄(現JR)のレールの幅も、イギリスと同じ
仕様にしたとか。

ということは、日本では、自転車は法律上
軽車両に含まれるので、車側、つまり、
歩行者の右側に自転車があるべき、と
考えられたからなのでしょうか。

では、ヨーロッパの人々は、自転車を
自転車の右側から乗るのか、と考えてみると
僕の記憶するところでは、やはり左側だった
ような気がします。

ということは、交通法規的な事情ではない
と考えられるのではないでしょうか。

次に、考えられる事といえば、利き手。

以前に調べたところによると、世界の
左利きの人口は約10%だと言われているのだ
そうです。

世界、60億人のうち、実に、54億人が
右利きということになりますね。

ルールというものが、多数決で決まるという
前提で考えた場合、この右利きが、自転車を
左側から乗ると定めたのでしょうか。

仮に、そうであったとして、では、
なぜに、右利きが左側から自転車に
乗ると決めたのか、である。


ここで、「利き手」の定義付けをする必要が
ありますね。

以前にも書いたことがあるのですが、「利き手」を
決める決定的は事項というものは存在しないのだそうです。

通例的に、右と左の使用頻度によって、個人の
利き手が決められるとされているようです。

ちなみに、最近の脳生理学の研究で、脳の
ある時点での成長具合で、利き手が決定される
というような話があったように思います。
(記憶がおぼろげですので、鵜呑みにしないでくださいね)

ここでは、よくモノを持つほうを利き手として、
便宜上、「ペン」、「お箸」、「じゃんけん」の
うち、多いほうを利き手とします。

あれ?利き手の定義付けってする必要がないよな、今。

ま、いいや。


右手を利き手として、利き手が「よく使う方の手」と
便宜上、想定して、です。

自転車を漕ぎだす時、この場合、右足がペダルの上で
左脚が接地していて、左脚で地面を蹴りだす事で
動き出せるわけです。

あれ?
陸上競技のハードルや、走り高跳び、走り幅跳びの
踏切足って、利き足の逆で当ってたっけ?

利き足の逆の足が軸足で、軸足が、最後に
地面から離れるんですよね?



ああ、ごめん。

ちょと、ほんとに分からなくなってきたので、
これ、次回に持ち越しさせてください。
| 鹿月秋 | 右と左と | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ACO (2007/04/25 12:25 PM)
笑、笑、笑〜。あんた よ〜しゃべんな〜、笑。
読んでるのに、マシンガントークでしゃべられてるきがしてくる、、。なんか、講議を聞いてるみたい。弁護士や、探偵になれるかもよ!?

最初の彼女、って響きが、みずみずしかった!
(2007/04/25 7:04 PM)
確かに。
自転車は左から乗降りするわ。
左利きの友達に聞いてみよっと。

バナー素敵やね。
着物全体が見てみたいもんです。
鹿月秋 (2007/04/25 7:10 PM)
ACO。
まぁ、アレやね、「脳トレ」なんぞ
なくとも、充分にトレーニングできる
ってことさ!

弁護士にしては、恰好が怪しすぎるからね!


>名無しさん。
たぶん、左利きも、左側乗車のはずですよ、
たぶん、ですけど。

着物の写真、撮ってもらったので、
近々、アップしますねー。
(2007/04/27 11:33 AM)
あたしは、鉛筆も箸もじゃんけんも右やけど、それ以外は全てと言ってもいいぐらい左やから、左利きって言うてるよ!そもそも鉛筆と箸の持ち方は教えてもらったから右やねん。
ちなみに、チャリは左乗り!
鹿月秋 (2007/04/28 3:13 AM)
うへー、僕のリサーチでは、
左利きの人は、じゃんけんも左だと
思ってました。
新しいサンプルになります。
ありがとうございます。

別に、「利き手研究家」ではないですけどね、笑。

それでも、やっぱ自転車は、左乗り
なんですね。

んんん、面白いなぁ、これ。
(なるで、自画自賛ですね)









url: http://from-origin.jugem.jp/trackback/436