鹿月秋の晴耕雨読

鹿月秋(from-origin design)の、他愛もない、そして、くだらない日常を無駄な長文で綴っています。
鹿月秋の晴耕雨読

SEARCH in this site
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
<< 16分休符のカランコロン | main | その歌声が、僕たちに与えたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
一人暮らしと一升瓶
タイトルに、特別、意味はございません。


人の名前で、「圭右(けいすけ、偽名)」
とかってありますよね。

「右」と書いて「すけ」と読む。

これに、「にんべん」が入ったものの
あります、「圭佑」。

人の右で「すけ」


その一方で、名前に「左」が入ることは
ありません。

ああ、あるか、「土左衛門」とか。

でも、これって、明らかに当て字っぽいですよね、
「右(すけ)」に比べると。


「にんべん」に「左」ってあったっけ?
ああ、「佐藤」の「佐」だ。


んんん、どうしよ、言おうとしたことが、
さっそく崩壊しております。


名字に「藤」がつくのは、藤原定家だか、
藤原道真だか、藤原鎌足だかの血族とか
いう話を聞いたことがあります。

とか言いながら、公文書以外で「藤原」を
名乗っていないので、実は、明治の、皆姓で
そう名付けたとかも言われていたりですが、
今回は、それについては、知らないフリを
する所存です。


面白いな、と僕は思うんです。

「右」は名に存在していて、
姓には存在していない。

「左」は姓には存在していて、
名には存在していない。




このブログを、最初の頃から読んでいただいて
いる方は、気づいているかと思うのですが、
「右」と「左」について、異様に執着している
という事を。

なぜなのか?
と自問自答してみました。

たぶん、こういう事なのです。

たとえば、「手」というものを対象にすると、
手は、左右、同じ機能を有していて、それに
同じ機構で動いているわけです。

なのに、個人によって、その能力は
動的なものと、静的なものに別れている。

僕には、それが、不思議で仕方がないのです。


今ここに、同じメーカーの鉛筆が2本
あったとして、僕は、そのうちの1本を
描くためのものに、もう1本を消し潰すために
使うのか、と問われれば、「NO」と答えるでしょう。


おそらく、と僕は思うのです。

「右」で可能なことは「左」でも可能である、と。

だから、それを、無意識のうちに差別化している
ことに、少なからず驚いてしまうんです。


たぶん、それは、僕個人の問題なのですが、
「常にフェア(公正、あるいは平等)で在りたい」という
価値観に由来しているのでしょう。


侵略のための銃器と、平和のための銃器が
イコールと感じれない、そういう心象。

銃器は、やはり銃器で、どう考えても
殺傷能力を有しているわけです。


同じ能力を有していて、それを、いかに
使うかは、個人(あるいは国家、文化)で
んんん、何だろ、でも、その差異が、すごい
気になるんでしょうかね。


なんか、ますます混迷を深めただけだな、
これぢゃ。
| 鹿月秋 | 右と左と | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://from-origin.jugem.jp/trackback/440